スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルリユールおじさん

絵本・詩
06 /06 2007
ルリユールおじさんルリユールおじさん
いせ ひでこ

理論社 2006-09
売り上げランキング : 6332

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


今月号のMOEに載っているのを観て、綺麗な絵にひかれて読みました。

抄録:大切な植物図鑑が壊れてしまった。少女は、ルリユール=造本家を訪ねることに。一つ一つ手作業で進められる本づくり。父から受け継いだ職人の心…。古いものを大切に残すパリの豊かで温かな心を伝える絵本。

という話なのですが、作者さんの暖かいタッチがふんわり心に伝わってくる絵本。老齢にさしかかったおじさんの掌のやわらかさを感じました。
このルリユールおじさん、本が壊れて困っている少女を快く迎え入れ仕事をします。少女はじっとしていず、ときどき怒られますが、魔法のようなおじさんの仕事に興味を示し、わくわくしてつきまといます。
長年身体に染み付いた仕事をこなすおじさんと、まっさらで元気な少女との交流が素敵な話です。パリの美しさも二人の関係を静かに見守っているように美しい。

54ページにある”わたしだけの本”と言いながら、修理された本を抱きしめる少女の絵が好きです。本好きな人の気持ちが分かってるなぁと思いました。
他の絵本も見てみたい。

絵描き絵描き
いせ ひでこ

理論社 2004-11
売り上げランキング : 128126

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

1000の風・1000のチェロ1000の風・1000のチェロ
いせ ひでこ

偕成社 2000-11
売り上げランキング : 146695

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

など読んでみたい。

ルリユールという仕事をINVISIBLE GREENというサイトで知りました。素敵な仕事です。私も少女のように工房で見てみたい。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

月夜野

東京下町在住・本・建築・ハチロク好き

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。